車エッセイ.net
BMIL センター試験キャンセル

BMIL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

センター試験キャンセル


金属疲労

360でバーチャロン・オラトリオタングラムがダウンロード販売されるそうですね。
かつての知人のプレイヤー達はどのように色めき立っているのだろうか…と思いましたが、割と皆、乗り気でなかったりして意外でした。
確かに今やっても体力が持ちそうにないのは解る。
以下、バーチャロンの思い出話が続くのであとは追記↓

その前にブログ拍手レス
伍長さん:ありがとうございます!そう言ってもらえると嬉しいです… 現状に満足せず、努力していきたいと思います。

今でこそ、動画サイトとかで他人の対戦プレーが簡単に見れるようになりましたけど、
当時はネット環境自体が満足に整っておらず、情報がそれぞれのゲーセンの外に漏れなかったりしたおかげで
ゲーセンごとの独自色みたいなものが妙に残ってまして、
強い人がいるという噂を聞きつけては遠征して、意味わかんない(しかし効果的な)戦術を取る人を探す楽しみみたいのがあったなーとか思い出しました。
特にオラタンはプレイヤーの創意工夫に広く応えることができるゲームですからそれでもある程度通用するのが面白い。元々バーチャロンはVRによっては牽制に一発当たっただけで負けかねんっていう半端ないマゾゲーっぷりですので、大会とかでも皆がクソゲークソゲーいいながらそれなりに楽しんでいた気がする。
変態プレイが活きるゲームです 特にバルシリーズとかは。(なのでバル使ってました)
360でのオラタンは確かネット対戦できたと思うんですが、そういう人と会ってみたいものだ。
いや、でも思い直せば大会は相当殺伐としてた気もする。サイバーウォーズかなんかで多人数の総当りをやった時は丸一日ずっと対戦で地獄だった記憶がある。

僕は今、絵を描いたりマンガを描かせてもらったりしてますが
始まりは何かといえば、バーチャロンをやりに行ったゲーセンのイラストノートですので
ある意味、僕の人生を方向付けたゲームであるわけです。
対戦するために新宿の西スポ(1~4番台のレベルがやばかった)とかまで遠征したりして当時は本当に楽しかったなーという思い出が残ってる一方、
あの争いは実に不毛だったな…と思うこともあるわけで
実に複雑な心境にしてくれます。現在にまで続く人間関係を得られたのが救いでしょう。
その中に1人、現在はゲーセンの店長やってる人がいるんですが、
その人と二人で焼肉食ってる時にたまたま僕が
「今、オラタンの攻略の同人誌を、当時の知り合い何人かで作りたい。メイン攻略はあえてのストライカーで」とか冗談交じりに話してまして、
しかもイラスト集的なものじゃなくてガチ攻略のみとか面白いよね~とかのたまってるうちに割と本気になってきて、(今オラタンでそういうの出してる人いるんだろうか)
それっぽいテキストを先ずは僕1人でそこそこ用意したあたりで正気に戻りまして実際に作らずに済んだという、何だかよく解らないことが去年ありましたけど
今度360で出るっていうんなら、折角だから一回ホントにオラタンで同人誌作って、それを僕のゲーセン時代の墓標とするのも楽しそうだなーとか思った。
まあこんなたわ言も、たまには言っても良いですよね 良いのか?

…その前にツインスティックは360で使えるのかどうか


ついでに言うと、大雨の日の電脳虚数帝国で買った島田フミカネ氏の本が僕の一番最初に買った同人誌です
未だに残ってるんよね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。