車エッセイ.net
BMIL 7月末の結之

BMIL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月末の結之

huro2_2.jpg

風呂待ち

アイドルマスターが欲しい。今になって。
永井先生の動画見てたらやよいに感情移入しすぎてやばいです

それとメタルギアソリッド4のプレイ動画見て興奮しすぎました。こいつぁ…買うしかねえぜ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おいおい、相変わらずエロいなおまいさんは。
メタルギア4のプレイ動画はやばいねあれ。もう確実にPS3と一緒に買うよまじで。ただ、あのリアルさだとヘッドショットとかできなそうなんで、股間握りつぶしプレイを推奨される。おれが。

聖 | URL | 2007-07-26(Thu)21:48 [編集]


>聖さん
一日に三十時間くらいはエロい事考えてますよ僕は(密度的な意味で)!
なんか衝動的にアマゾンでPS3買う寸前まで行きましたけど、考えてみたらMGS4以外にやりたいソフトがまだないんですよね…
僕は股間電撃ショックプレイでいきますよ、オタコンのメタルギア使って。

結之 | URL | 2007-07-29(Sun)23:16 [編集]


過去絵とか あるものは全部拝見させてもらいました

なんかもう すごいっすね

描きこみが細かくて見ててとても楽しいです

衣装や武器などの装飾は何を参考にして描いてるのでしょうか?

錠剤 | URL | 2007-08-01(Wed)15:58 [編集]


>錠剤さん
はじめまして、そしてありがとうございます。
装飾は基本的には自分が気持ちいい形を探しながら描いてたらなんとなく完成してる、って感じですので
何かを参考にしたというよりは、今まで見てきたもの全ての積み重ねのような感じかもです…だから僕はいろんなものに感謝しなければなりません。

そういえば以前は、文様資料とかいろんな国の建築の図版とか見たりもしてたのですが、
要は人の気持ちや意思を図式化したものが文様だ、と知りましたので、
装飾を描くにしても、この武器はこういう使い方だから説明の意味もこめてこういう模様いれておきたいなーとか、こいつはこういう人間性だからこんな形の模様いれとこっかなーとかそういった事を考えながら描いたりもしてる…のか…?

またどうぞー

結之 | URL | 2007-08-04(Sat)00:52 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007-08-04(Sat)20:23 [編集]


これに関して自分の中で納得できる答えを探してみたところ、理系の課題のレポートみたいな長さに到達した時点で「長すぎるな。」と感じましたので削除して要約しますと、


島本和彦先生の名言の一つに「君に足りないものは勇気だ!駄作を作る勇気だ!」というものがありまして、
僕はそれに感銘を受けまして、努力の果てに駄作を作り、それを見せて酷評を受けることに対して多少耐性がつきました。
勿論、駄作を作る事に慣れてはいけないと彼は続けるのですが、
なにしろ本当に上手い人ってのは人智を超える量を描いておりますので、失敗を惜しむことはデメリットしか産まないという理屈ですね。僕もそうありたいと思って今は描いてます。
好きだからとか、楽しいからとかという純粋な動機で絵を描いていたのは本当に昔の話で、上手くなろうとするとやはりある程度失われる部分も出てきますよね。
初期衝動でいえば、収集欲です。ですので基本、描き上がった時のみに満足感を得ます。過程はつらいです。

むしろ動機より、絵(マンガ)でないとならない理由の方が僕にとって結構重要でして、
これが揺らぐと絵にこだわる事自体がウソになってしまう気がしてます。困ったことにこれに関しては明確な答えがでてません。

僕も、非常に絵を描くのに時間がかかるタイプです。これに関してはむしろ僕の方がひどいのでは…。基本的にエンピツ線を重ねて描いてるような絵は大体、一週間以上かかってます。だから何枚か同時進行でないとニートまっしぐらです。
でもそのくらい手間をかけてやらないとその絵に申し訳がたたないというか、腹を痛めた子ほど可愛いみたいなアレです。時間をかけて描いていると、たまに紙が線を教えてくれます。そうして描いた絵は結構満足できます、ふしぎと。
ちなみに僕が描いてて一番満足感を得られるのは、ここのブログにあるエンピツ線でちまちまと細かく描いてるような絵です。
色塗りは苦手です

そういえば、絵が描きたいのに描けなくて、傍から見たらそういう病気かと思われるくらいに悩んだ時期が四年くらい前にあったのですが、
悩みぬいた末に一枚だけ絵を描いてみたら多少ふっきれまして、今に至っています。
ヒドイ絵でした。

楽しんで描くことが上達の近道といいますが、
ムダこそが人の心を豊かにするともいいます。
僕は遠回りしまくってますけど、どういうわけだかこれはこれで悪くないです。
あきまん氏でさえ、自分のことを「絵の世界の小学校へやっと入学したようなもの」とかちょっと前にいったそうです。そんな世界ですので、あせらずにもっと長い目でみてもいいかもしれません。

結之 | URL | 2007-08-07(Tue)05:20 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007-08-09(Thu)14:39 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。